海外旅行全般

長距離フライトの便利グッズ7選!エコノミーの快適な過ごし方

皆さんは長距離フライトを経験したことはありますか?

旅の始めと終わりは何といっても空の旅です!海外旅行の際、飛行機に乗るための準備については、さほど考えていなかった私ですが、長距離フライトを何度か経験するうちに、「機内でいかに快適に過ごすかに重きを置くようになりました。

特にエコノミークラスの座席では、狭い空間で何十時間も過ごさなければなりません。

そのため、機内では少しでも快適に過ごしたいですし、目的地についてからすぐに動けるように体力を温存したいと思いますよね。

そこで、今回の記事では、長距離フライトの経験をもとに、おすすめのグッズ機内での過ごし方のコツをご紹介いたします!

長距離フライトを快適に過ごすためのグッズ厳選7選

飛行機の機内のグッズ

長距離のフライトでは機内に持ち込むグッズはかかせません。とはいえ、何でもかんでも持っていくと荷物になるだけですし、できれば荷物はコンパクトにしたいところです。

そこで、「これはあった方が良い!」と思う、実際に私が機内に毎回持ち込んでいるグッズ厳選して7つご紹介いたします。

ネックピロー

実を言うと私は以前、「ネックピローは邪魔になるだけだな」と思っており、過去数年間はネックピローを持っていませんでした。

しかし、初めて片道13時間+7時間で合計20時間を超える長距離フライトを利用した際に起きた、「首が痛くて寝られない…」という経験から、それ以降は絶対にネックピローを持って行くようになりました(笑)

そんな私がおすすめするネックピローは、「低反発タイプ」のネックピローです。

手動で空気を入れられる「ポンプタイプ」のネックピローもありますが、しっくりくる硬さに空気を調整するのが面倒な点と、長時間の使用で空気量が変わる点がデメリットです。

それに比べて低反発タイプのネックピローは、広げるだけでそのまま使用でき、自分の首にフィットしてくれるので、余計なストレスがありませんし、長時間の使用でも使い心地が良いので断然こちらをおすすめします。

ポンプタイプよりもやや荷物にはなりますが、収納ポーチや収納ポケットがついた商品もありますので、大きさはそこまで気になりません。

ネックピローは、旅先の国内移動時間が長い場合に、バスや列車でも使用できます。長距離フライトに限らず海外旅行へは持っていきましょう!

アイマスク

長距離フライトでは、いかに快適な睡眠をとれるかがポイントとなります。

私は「わざわざアイマスクを使用するほどでも…」と以前は思っていたのですが、試しに使ってみたら何で今まで使わなかったのか!」と思うほど快適だったのです。

アイマスクを使用すると、外からの光が遮断され、身体がより睡眠しやすい状態に切り替わってくれるので、途中で起きにくく、フライト中にしては質の良い睡眠が取れます。

そのため、アイマスクを選ぶ際は、とにかく遮光性が高いものを選びましょう。

また、疲れてきた際に、ホットアイマスクもあると便利です。様々なタイプがありますが、機内で使用するのであれば、使い捨てタイプのホットアイマスクをおすすめします。

ホットアイマスクってとっても気持ちいんですよね〜!機内で使用すればエコノミークラスでも、少しリッチな気分が味わえます!(笑)

耳栓

フライト中は、エンジンの排気音である「ゴーゴー」という音が終始うるさいので、耳栓があるに越したことはありません。また、耳栓は、周りの人のいびきや話し声がうるさいなんて時にも活躍します。

アイマスクにも言えますが、フライト中にできる限り質の良い睡眠をとるためには、外界からの遮断が大切なのです。

機内でおすすめの耳栓は、コード付きの耳栓です。というのも、通常の耳栓を使用している時、ちょっとした拍子に片方が落ちてしまうという経験はありませんか?

機内で耳栓を落したら最後!(笑)狭い機内で見つけるのは困難ですよ!

また、よく飛行機に乗る方は、少し高性能な耳栓を買っておくのもありです。安物の耳栓を長時間使用していると、耳が痛くなってくるのです。

特にシリコン製の耳栓は取れにくく、遮音性が高い点水洗いができる点がおすすめです。専用のケースが付いる商品であれば保管もしやすいですよ。

以前は寝ている間に「片方の耳栓がない!」なんてことがよくありました…^^;あまり身動きもとれないし、結構焦るんですよね!(笑)

着圧ソックス

長距離フライトの大きな悩みとして、足がむくむことが挙げられます。同じ体勢で長時間過ごすのが原因なのですが、機内ではなかなか足を動かせません。

そんな時に役立つのが血行やリンパの流れを改善する効果のある着圧ソックスです。機内は季節に限らず寒く、脚の冷え対策にもなりますので、私はいつもロングタイプを使用しています。

見た目が若干気になるかもしれませんが、マキシワンピースなどの下に履いてしまえば大丈夫です!

これを履くだけでもフライト後の脚のスッキリ感と軽さが全然違いますので、騙されたと思って使ってみてください。

普段はあまりむくまない方でも、長時間フライトでは着圧ソックスを履いた方が絶対良いです!ちなみにワンピースは動きやすいストレッチ素材のものがおすすめですよ。

スリッパ

機内で長時間過ごす際、靴を履いていてはリラックスできません。

ですが、トイレに行くたびにいちいち靴を履くのも面倒です。そのため、機内で使用できるスリッパはあった方が快適です。

コンパクトにたためる携帯用のスリッパがあれば、機内に持ち込むのも楽々です!また、洗えるかどうかも併せてチェックしましょう。

スリッパは、室内で靴を脱ぐのが当たり前でない海外のホテルでも使用できるので、準備しておきましょう!

フットレスト

飛行機に乗った際に、「意外と使用している人が少ない!」と感じるフットレストですが、私にとって、このフットレストがあるとないとでは雲泥の差があると言っても過言でないほど重宝しており、手放せないアイテムとなっています。

エコノミークラスでもフットレストがついてる航空会社はありますが、機内に備え付けられたフットレストでは、足が数センチほどしか高くならないため、長時間のフライトでは物足りません。

この吊り下げタイプのフットレストであれば、機内のテーブルに引っ掛けるだけで使用でき、自分の好みの高さに調整できるので、自分の最も楽な姿勢を保てます

とってもコンパクトで荷物にはならないので、おすすめです!

歯ブラシセット・携帯用コップ

機内の持ち物で忘れがちなのが、歯ブラシです。

特に長距離のフライトでは、食事の後や睡眠前に歯が磨けると気持ち悪い思いをしなくて済みます。そして、あると結構便利なのが、折りたたんでコンパクトになる携帯用のコップです。

ほとんどの機内のトイレには紙コップが設置されているので、機内では必要ない場合もありますが、乗り継ぎの合間に歯磨きやうがいをしたい時に役に立つのです。

そのため、折りたためるコップが付属した歯磨きセットがあると、機内に持ち込むのを忘れにくいですし、使いたい時にすぐ使用できます。 

スーツケースなどの機内に持ち込まない荷物は、目的地に着くまで受け取れないので、乗り継ぎの際に使用したいアイテムは必ず機内に持っていきましょう!

スリッパ同様、歯ブラシやコップは、渡航先のホテルにないこともあるので用意しておくと便利です!

エコノミーの長距離フライトを快適に過ごすコツ!

飛行機の機内の様子

長距離フライトでは持ち物だけでなく、事前にちょっとした準備をすれば、より機内で快適に過ごせます。ここでは、私が実践している方法4つご紹介したいと思います。

夜出発の飛行機を選ぶ

夜の滑走路と飛行機

ツアーなどで既に便が決まっている場合は別ですが、自身で航空券を購入する場合は、夜出発の便を選ぶのがおすすめです。

長距離フライトでは、機内での睡眠が重要なのですが、やはり夜発の便の方が比較的スムーズに眠りにつけます。だいたい離陸して1時間程で機内食がでるので、食べた後に眠る体制に入りましょう。

この時間の睡眠が後に大事だったりしますので、便が選べる場合は、できる限り夜発の便を選んでくださいね!

搭乗前に座席を選ぶ

飛行機の機内の座席

LCC(格安航空)でない限りは、座席指定が無料でできることが多いです。混雑時は難しい場合もありますが、チェックインカウンターで席を選びたい旨を伝えると対応してくれます。

また、一部の航空会社では、オンラインチェックインができ、インターネットにて座席が選べるのです。何もしないと自動的に空いてる席に指定されますが、搭乗の48時間前〜24時間前くらいから指定できるので、要チェックです。

インターネットで指定できる場合、席を1度指定しても変更が可能ですし、もちろんチェックイン直前に指定も可能です。直前に指定するメリットは、例えば直前ギリギリで隣の人がいない席を指定すれば、隣に人がこない確率が高いなどです。

せっかく無料で指定できるのであれば好みの席を指定しましょう!

機内持ち込み可の水を購入する

複数のペットボトルの水

機内はとっても乾燥しています。この乾燥は短時間であれば気にならないかもしれませんが、長時間では結構辛いです。

お水は機内サービスでも頼めますが、食事の時間以外の時間帯に、いちいちCAさんを呼んでお水をもらうのは気が引けることも…。

また、機内サービスでもらえる飲み物はすべてカップに入っているので、テーブルを閉じたい時に置き場に困ってしまいます。

そのため、荷物検査が終わった後のラウンジやカフェなどで、機内持ち込み可のお水を1本買っておくと安心です。

Amazonプライムで映画・書籍をダウンロードしておく

海外の航空会社を利用する場合、機内エンターテイメントの映画字幕に日本語が用意されていないことも少なくありません。いざ、見たい!と思った映画を見つけても、字幕や翻訳が無くて何を言っているか分からなければ楽しめません

そこで、私が実践しているのは、見たい映画を数本Amazonプライムビデオでダウンロードしておくことです。

プライムビデオは動画をスマートフォンに保存しておけるため、ネットが無い環境でも映画やドラマを楽しめます! 

機内ではWiFiが使用できたとしても、動画を見るほど高速に使えるわけではないので、搭乗前に必ずダウンロードしておきましょう。

また、私は同時に読みたい書籍もダウンロードしておきます。本を機内に持ち込むのは荷物になりますが、電子書籍であれば荷物の心配もありません。

ちなみに、Amazonプライムは30日間は無料体験ができるので、旅行の期間だけでも試しに入会してみてはいかがでしょうか?

私も旅行用にAmazonプライムに入会しましたが、使ってみたら便利すぎて結局その後も継続して使っています(笑)

長距離フライトを快適に過ごして、旅をよりいいものにしよう!

マラケシュ・メナラ空港

旅の始まりと終わりを締めくくる空の旅。

特に長時間のフライトでは、機内の過ごし方や事前の準備を工夫すれば、現地に着いてからの体力が全く変わります。

何も対策をしていないと、フライト疲れで楽しみにしていた旅の良いスタートダッシュが切れない!なんてことにもなりかねません。

実際、エコノミークラスでも、事前の準備で十分快適な空の旅が楽しめますよ。機内の快適度をアップさせて、旅をよりいいものにしましょう!

Ayana

Ayana

Salam!幸せ先進国であるモロッコでの現地交流をきっかけに、その魅力を伝えるべく、オリジナルツアーを企画・提案しています。雄大な自然との触れ合い、現地人との交流、自身の成長、モロッコツアーはすべてを叶える旅です。これまでの価値観が覆る、特別な体験をお届けいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Instagram

最近の記事

  1. モロッコ人から学んだ自分らしく生きるヒント!あなたは幸せですか?

  2. ラマダン中のモロッコ旅行について!観光する際の注意点とは?|2021年版

  3. 好きで生きるヒント!『女は好きなことを仕事にする』まとめと感想

  4. モロッコ料理|スパイスで作る!本格チキンタジンのレシピ!

  5. モロッコ料理に欠かせないスパイス!お土産にはどう?万能調味料も紹介

TOP