モロッコグルメ

東京で楽しむ本格的なモロッコ料理!「タムタム」@西荻窪

先日、「本格的なモロッコ料理を日本でも食べたい!」ということで、モロッコレストラン「タムタム(tamtam)」へ行ってきました!

このお店は、ロンドンにてモロッコ人と長年関わった経験を持つ、日本人オーナーが営むお店とのこと。

東京でモロッコ料理を出しているお店はいくつかありますが、モロッコ人のシェフが作るモロッコの家庭料理を提供しているということで、ずっと行きたいと思っていたレストランです。

このレストランでは、モロッコ特有のスパイスたっぷりの本格料理を味わうことができるですが、そのスパイスやハーブの使い方が絶妙で、日本人の口にも良く合います。

ということで、今回の記事では、東京の西荻窪にあるモロッコレストラン「タムタム」を紹介していきます!

孤独のグルメでも紹介された!モロッコレストラン「タムタム」

西荻窪にあるモロッコレストラン
モロッコらしいアーチの入り口!

西荻窪の少し外れにある、モロッコレストラン「タムタム」は、テーブル席が4席のみの、こじんまりとしたお店です。

孤独のグルメでも放送されたことから、その名は広がり、平日でも満席になる人気店です!

【追記】2020年3月11日にお店を移転されたようです。
 新しいお店の情報はこちら!

  • 住所:〒167-0054 東京都杉並区松庵3-25-9 北斗参番館1F
  • 最寄駅:西荻窪駅(JR西荻窪駅南口より徒歩5分)
  • 電話:03-3331-8883
  • 営業時間: 17:00~23:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30)
  • 定休日:毎週月曜日、第1・第3火曜日(不定休あり)

孤独のグルメはAmazonプライムビデオで視聴できます。(シーズン5の第03話 )
無料期間を使えば無料での視聴も可能なので、気になる方は是非見てみてください!

「タムタム」へのアクセス

まず場所を見ていきましょう!タムタムの場所はこちら!

【追記】移転後の地図に変更しています!

西荻窪駅の南口から右に曲がり、徒歩5分程のところにあります。

駅の近くには、いい感じの居酒屋が立ち並んでいて、思わず誘惑されますが、ぐっと我慢(笑)

飲み屋が立ち並ぶ道を過ぎて、線路沿いの道をまっすぐ進みます!

西荻窪の道路
線路沿いの道をずっとまっすぐ進みます!

すると、左手にモロッコの国旗が見えてきて、そこがお店です!

モロッコレストラン
しばらく歩いていると左手に、モロッコの国旗が見えてきます!

店内は異国情緒たっぷり!

店内に入るとすぐにスパイスの香りが立ち込めてきて、その香りに食欲がそそります!

また、店内はアラビアンなランプや、モロッコのラグなどがあり、モロッコの雰囲気が溢れるエキゾジックな内装でテンションがあがりますね!

シェフはモロッコ人のお母さんで、ホールではその娘さんが気さくに対応してくれます!

親子で営むこじんまりとした店内は、異国情緒溢れるとてもアットホームな雰囲気です!

店内は4人テーブル2席と、2人テーブル2席のみです。
私が訪れた時には、6名グループのお客様もいて、3組しか入れませんでした。
土日はもちろんのこと、平日でも必ず予約してから行きましょう!

上品なモロッコ料理とお酒を堪能!

モロッコレストラン「タムタム」のメニューは、定番のモロッコ料理はもちろんのこと、オリーブやデーツ(ナツメヤシの実)などの、モロッコおなじみの食材を使用した様々な種類のモロッコ料理が楽しめます。

また、モロッコや北アフリカ産のビールやワインも置いてあり、アルコールも一緒に楽しむことができます!

この日のお通しは、まさにオリーブ!

また、現地でも何度も食べた思い出のモロッカンサラダを前菜にチョイスしました。

このお店のモロッカンサラダは、アンチョビを使ったドレッシングでお酒との相性も抜群です!

また、モロッコのベルベル族が作ったとされる、モロッコの卵料理「ベルベルオムレツ」も食べることができます!

ベルベルオムレツ

ベルベルオムレツはスパイスの効いたオムレツで、トマトが入っているのが特徴です。

早速切ってみると、中にはとろ〜りチーズが入っていました!
ふわっふわ、とろっとろのオムレツに、トマトの酸味とスパイスが効いており、これが本当に美味!あっと言う間に食べてしまいました!

モロッコ料理といえば「タジン」と「クスクス」

みなさんは、モロッコ料理と聞いてどのような料理を思い浮かべるでしょうか?

やはり私は定番の「タジン」と「クスクス」を思い浮かべます!

「タムタム」では、このタジンとクスクスの種類がとても豊富!

『タジン』と『クスクス』のメニュー

・野菜のタジン 1200円
・チキンのタジン  1350円
・牛肉のタジン 1500円
・ラムのタジン  1500円
・牛肉ケフタ(ミートボール)のタジン1500円
・海鮮のタジン 2100円
※価格は税抜き表示

・野菜のクスクス 1400円
・チキンのクスクス 1500円
・牛肉のクスクス 1600円
・ラムのクスクス 1600円
・牛肉ケフタ(ミートボール)のクスクス 1600円
・海鮮のクスクス 2200円


さらに、定番のメニュー以外にも、季節限定のタジンやクスクスがあるとのこと!

ちなみにこの日私は、冬季限定の「栗とクルミのチキンのタジン」をオーダーしました!

チキンがほろほろで柔らかく、スパイスが絶妙で美味しい!
栗とクルミもアクセントになっていて、チキンともすごく合いました!

そして、クスクスもオーダー。
モロッコでも食べたミートボールのクスクスをチョイスしました!

ミートボールのタジン
食材がゴロゴロ入っていて食べ応えあり!

大きなミートボールと、たっぷり野菜が入ったクスクス!

世界最小パスタといわれる粒の細いクスクスに、少し甘めのミートソースのようなソースがかかっています!

異国の香りが漂うスパイスも入っているのですが、辛くはなく、柔らかく煮込まれている野菜やミートボールと絡めて食べると、とても美味しいです!

タジンやクスクスにはパクチーが飾り付けられていて、パクチー好きにはたまらないポイントでした!
パクチーが苦手な人は、事前に言うと、パクチーを抜きにしてくれるのでご安心ください。

また、モロッコでは、タジン・クスクス・魚料理・肉料理、どんな料理もパンと一緒に食べるのが定番ですので、パンも一緒に頼みました!

モロッコのパン
クミンなどのスパイスを使った絶品のパン

このパンには感動!!
しっとりもっちりとした触感に、ほんのり味がついており、パンのみでも充分に食べ応えがあります!

中身がしっかり詰まった生地で、付け合わせとして食べるのがもったいないくらい、質と味の良さが感じられるパンでした!

訪れた際には、是非このパンも一緒に食べてみてください!

北アフリカのワインやビールも楽しめる!

モロッコは国教がイスラム教なので、アルコールを飲む習慣はありませんが、国内ではビールやワインを生産しています。

店内の壁の黒板には、モロッコのワインの他に、北アフリカ・地中海の様々なワインの銘柄がずらりと並んでいました!現地のレア物ワインが楽しめるのは嬉しいですね!

モロッコレストランのワインリスト

ビールはモロッコ産のカサブランカ・ビールの他に、チュニジアのビール(白・黒)やレバノンのビールが置いてあります!

個人的にはチュニジアの黒ビールがコクがあって好みでしたが、カサブランカ・ビールが1番スッキリとしていて、とても飲みやすかったので、デイリーに飲むのも飽きなくて良さそうです!

予約や支払い方法の注意点!

この日は17時から予約をして、席は2時間制でした。

ホールを担当している美人な娘さんによると、19時以降の予約では、席の時間制限はないとのこと!

ゆっくりモロッコ料理を堪能したい方は、19時以降の予約をおすすめします。また、支払いは現金かPayPayの支払いのみで、カードの利用は不可となっていますのでご注意を!

まとめ

今回は西荻窪にあるモロッコレストラン「タムタム(tamtam)」の訪問記事を書かせていただきました!

異国情緒溢れるアットホームな空間で、本格的なモロッコの家庭料理を堪能するだけでなく、北アフリカの現地のお酒も楽しむことができ、大満足でした!

料理は、本格的でありながらも、スパイスはキツすぎず日本人の口に合う絶妙な味付けでしたので、今までモロッコ料理を「美味しい!!」と思ったことがない方にも、ぜひ訪問して食べていただきたいです!

食べログでも3.5以上と高評価ですよ!

モロッコ料理が好きな方はもちろん、今まで食べたことがない人も、モロッコ料理の魅力に気がつくこと間違いなしです!

Ayana

Ayana

Salam!幸せ先進国であるモロッコでの現地交流をきっかけに、その魅力を伝えるべく、オリジナルツアーを企画・提案しています。雄大な自然との触れ合い、現地人との交流、自身の成長、モロッコツアーはすべてを叶える旅です。これまでの価値観が覆る、特別な体験をお届けいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Instagram

最近の記事

  1. モロッコ人から学んだ自分らしく生きるヒント!あなたは幸せですか?

  2. ラマダン中のモロッコ旅行について!観光する際の注意点とは?|2021年版

  3. 好きで生きるヒント!『女は好きなことを仕事にする』まとめと感想

  4. モロッコ料理|スパイスで作る!本格チキンタジンのレシピ!

  5. モロッコ料理に欠かせないスパイス!お土産にはどう?万能調味料も紹介

TOP