イスラム教・宗教

ハラールフードショップは日本人でも楽しめる!|通販サイトもOPEN

海外の現地スーパーマーケットのような雰囲気が漂う輸入食品店。

1歩足を踏み入れると、ワクワクするような雰囲気と、普段スーパーでは見ることのない珍しいフードや調味料に、ついつい何か買ってしまう魅惑の空間!

輸入食品を扱うお店が大好きな私なのですが、そんな私が1度行ってみたかったお店が、日本最大のモスク「東京ジャーミイ」に併設されている「ハラールマーケット」です。

今回は、カルディコーヒーショップなどの輸入食品店とは一味違った、代々木上原にあるハラールマーケットに行ってみたので、そのレポートをお届けします!

東京ジャーミイ・ハラールマーケットの基本情報

ハラールショップの入り口

東京ジャーミイ・ハラールマーケットは、日本最大のモスク「東京ジャーミイ」に併設されたトルコ文化センター内にあるフードショップです。

ハラールとは、イスラムの教えで「許可されている」という意味で、ムスリムの人たちが許可されている、つまり食べても良い食品を取り扱っているショップとなっています。

住所:東京都渋谷区大山町1‐19
電話番号:03‐5790‐0760
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休
アクセス:小田急線・東京メトロ「代々木上原駅」より徒歩5分

お祈りの時間は一時的にお店が閉まりますので注意しましょう!

地図はこちら!

店内は異国商品の宝庫!ワクワクする空間!

さっそくハラールマーケットの店内に入ってみると、そこはまるで異国空間!

日本ではあまり見たことのない食品や、お菓子がずらりと綺麗に並べられており、海外のスーパーに来たかのような感覚で興味津々にじっくりと見入ってしまいました。

各商品の値札には、どこの国の物かわかるように国旗の表示があり、イスラム教のイメージの強い中東や、北アフリカの国以外の商品も揃っています。

例えば、インドネシア・マレーシアなどの、実はイスラム教徒が多いアジアの国の食品も沢山取り扱われていました。

日本に住むムスリムの外国人・日本人向けのショップではあるものの、ムスリムではない日本人も気軽に入店しやすい雰囲気が印象的でした。

店内の商品はすべてハラールフード

ハラールマーケットの店内のすべての商品は、ハラールフードとなっています。

先ほど、ハラールとは「許可されたもの」を意味すると説明しましたが、逆に「禁止されているもの」「ハラム」と言います。

豚肉やアルコールがその例で、これらは日本人でも知っている人は多いと思いますが、ここではもう少し深掘りしてみたいと思います。

実は、豚肉以外のお肉であっても、イスラム法の規定に則した屠殺(とさつ)方法で処理されていないお肉に関してはタブーとされているため、鶏肉や牛肉でも「ハラール」として認証されたお肉でなければ食べられないのです。

こちらのお店では、そんなムスリムの人たちが安心して食べられるよう、ハラールである日本食品の取り扱いもあり、アルコールフリーで作られた味噌や醤油も並んでいました。

ハラールの味噌はよくみるマルコメ味噌と見た目は変わらず!

おすすめポイント!スパイスが豊富!

ここからは、日本人目線の私が店内を見ていて最もテンションが上がったポイントをご紹介します。

それが、スパイスと調味料です!

今やインターネットでも様々なスパイスは購入できますが、同じスパイスでも現地産のパッケージだと格別美味しく作れそうな気がします。(笑)

店内にはスパイスの種類が豊富に揃えられており、量が多いうえ、お値段も比較的リーズナブルなので、普段から調味料好きな方には是非ともおすすめしたいです。

ところで、スパイスといえばカレーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

別の棚では、珍しいレトルトカレーも種類が豊富にありましたよ!見ているだけで楽しい!

ハラールのレトルトカレー棚

フードだけじゃない!異国の雑貨

店内の一角には、ヒジャブ(髪を覆うためスカーフ)やコーランなどのムスリムの必需品から、トルコ絨毯や中東の小物入れなどの雑貨も並んでいます。

インターネットでも中々見つけられないような珍しい商品がいくつもあるので、見ているだけで何だか海外にいるかのような気分にもさせてくれました。

クスクスやデーツのお菓子を購入しました

さて、そんなハラールマーケットの店内をじっくりと探索して購入したのがこちらです!

ブルグルとクスクス

トルコの国民食「ブルグル」と、モロッコの国民食である「クスクス」です。

正直この2つは似たような物なのですが、原料の小麦を砕いただけのものがブルグル、小麦を粉にして極小のパスタにしたものがクスクスなんだとか。

ちょうど「クスクスを食べたいなぁ」と思っていたこともあり、ブルグルと食べ比べてみることにしました。

また、デーツ(ナツメヤシの実)のお菓子も購入!

ものすごい美味しいわけでもなく、見た目もちょっとグロイのに、なぜか食べたくなるのがデーツです。(笑)

栄養価が高く、ヨーグルトに入れて食べると美味しいんですよ!食べたことがない人は、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに日本でも買えるデーツでは、高品質で有名な「デーツクラウン」がとても人気です。

通販で買える!オンラインショップがオープン!

珍しい食品や雑貨が並ぶ店内では、まるで宝探しのような感覚で楽しむことができました。

そのため、是非とも訪問することをおすすめしたいのですが、中々直接行くことができない人も多いですよね。

そんな全国の人が手軽に商品を購入できるよう、2020年4月29日にオンラインショップがオープンしています。

送料が全国一律1,200円かかるものの、海外に行かないと買えないような商品が、全国のどこからでも購入できるのは嬉しいですね!

12,000円(税別)以上購入すると、送料は無料になるようです!

まとめ

東京ジャーミイのエントランス
閑静な道路沿いにそびえ立つ「東京ジャーミイ」

日本最大のモスク「東京ジャーミイ」に併設された「ハラールマーケット」は、普段見かける輸入食品店とは一味違ったフードショップです。

ムスリムの人たちのために作られたフードショップではあるものの、日本人でも気軽に訪れられる雰囲気と、日本ではあまり見かけない珍しい食品や雑貨が取り揃えられた素敵なショップでした。

ちなみにモスクの見学も可能なので、マーケットと併せて行くと、普段あまり触れることの少ないイスラムの文化を垣間見ることができますよ!

輸入食品に興味のある方はもちろん、この記事を読んで「ハラールマーケット」に興味を持たれた方は、ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか?

Ayana

Ayana

Salam!幸せ先進国であるモロッコでの現地交流をきっかけに、その魅力を伝えるべく、オリジナルツアーを企画・提案しています。雄大な自然との触れ合い、現地人との交流、自身の成長、モロッコツアーはすべてを叶える旅です。これまでの価値観が覆る、特別な体験をお届けいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Instagram

最近の記事

  1. モロッコ人から学んだ自分らしく生きるヒント!あなたは幸せですか?

  2. ラマダン中のモロッコ旅行について!観光する際の注意点とは?|2021年版

  3. 好きで生きるヒント!『女は好きなことを仕事にする』まとめと感想

  4. モロッコ料理|スパイスで作る!本格チキンタジンのレシピ!

  5. モロッコ料理に欠かせないスパイス!お土産にはどう?万能調味料も紹介

TOP